Oreworld trade (Tangshan) co., Ltd

鱗片状黒鉛

製品の詳細:

唐山奥沃貿易株式会社は正規的に設立した会社です。国際貿易局、税関の基に管理されています。弊社は強大なマーケティングネットワーク、全面的な技術と設備、優秀な人材を有します。

弊社は天然黒鉛に注目し、特に鱗片状黒鉛の採堀、生産、加工、販売に取り組んでいます。主な品種は高純度黒鉛、高炭素黒鉛、中炭素黒鉛、膨張黒鉛などです。天然黒鉛は、耐火物、鋳物、石油、冶金、塗料等で利用されている。

天然黒鉛の種類

塊状黒鉛

土状黒鉛

鱗片状黒鉛

鱗片状黒鉛の説明

鱗片状黒鉛は鉱石として天然に産出する黒鉛で、最も一般的な黒鉛です。鉛筆芯材あるいは鍵穴潤滑材として使われることは世間によく知られています。これらの製品は鱗片状黒鉛が含まれています。鱗状黒鉛は文字通り、外観が薄い鱗片の黒鉛です。天然黒鉛は全部ある程度片状していて、鱗片状黒鉛は大きさに問わず片状です。

鱗片状黒鉛の粒度の重要性

鱗片状黒鉛は高圧力で変質し形成したのです。大きい鱗片と細い鱗片の区別があります。鱗片は大きさが250µm-1mmの製品は最も高いです。250µm -125µmの鱗片状黒鉛もよく販売されます。黒鉛粉が多量になると、片状の大きさが小さくなり、製品の価値に影響します。この黒鉛は、胡麻塩状をなして岩石中に点在しているものと粘土質の中に点在しているものがあり、これらの原鉱山石の品位は低く、浮遊選鉱でよく他の鉱物が混ぜてしまいます。品質を悪くします。マイカも黒鉛の伴生鉱の一つで、しかも分離しにくいです。良い原材料(粘土、赤粘土)でも伴生鉱があり、加工を複雑化させます。

鱗片状黒鉛の規格

固定炭素:75-99.9

粒度:32mesh, 50mesh,80 mesh, 100 mesh, -100mesh, -200mesh,-325mesh 500mesh, 600mesh,1000mesh

鱗片状黒鉛のスペック

1. +32mesh: +3295, +3296,  

2. +50mesh:  +590,+595,+596, 

3. +80mesh: +890, +895, +894, +899,

4. +100mesh: +190, +195,+194, +196,+199, 

5. -100mesh: -190, -194, -195, -196, -199,

6. -200mesh:  -280, -285, -290, -295, -299, 

7. -325mesh: -380,-385 ,-390,-395 -399

8. 微粉黒鉛: 400mesh-3000mesh,、炭素80-99.5% 

鱗片状黒鉛の用途

耐火物原料としてルツボマグネシアカーボン煉瓦等、固体潤滑剤用途、鉛筆、電気ブラシ、鋳物用塗型剤電池の導電材、塗料等幅広い分野に使用されております。

TOP